初心者でも簡単!ボディビル掛け声講座 >

名探偵コナン104巻の感想!黒の組織×羽田浩司×黒田管理官×若狭留美の事件の真相【ネタバレ感想】

スポンサーリンク
名探偵コナン

2023年10月、名探偵コナンの新刊である104巻が発売されました!

帯には、「17年前の真相。」との文言とともに、羽田浩司がラムに対して「烏丸蓮耶…」と話すシーンが。

黒の組織」の話も進展しそうな104巻の感想をさっそく綴っていきます。
(ネタバレもありますので注意してください)

スポンサーリンク

重要人物が集結…物語が動き出す

本巻の最初の話から動きは加速します。

舞台はチェス大会の会場。
そこにはコナン、灰原、少年探偵団のほか、若狭留美の姿も。

チェス大会には多くの市民が参加しているようで、なんと警視庁の黒田管理官も参加していたのです。
会場で出会う黒田管理官と若狭留美。
キャンプでの事件ぶりと話していましたが、黒田管理官は「以前もどこかで会った気がする。しかもチェス会場で」と、ある記憶を思い返しながら尋ねます。
若狭は「他人の空似」とごまかしますが……

というところで、事件発生。
チェス大会の参加者が無惨な姿で発見され、捜査・推理がスタートします。

スポンサーリンク

ついに「17年前の事件」の真相が明らかに

先の事件を解決後、黒田管理官はコナンに対し、17年前の事件について話し始めるのです。

—–

17年前、アメリカ。

当時、警察庁警備局警備企画課に配属されていた黒田兵衛が、チェス大会に参加のためにアメリカのとあるホテルに滞在している場面からスタート。
そこのホテルには、同じくチェス大会に参加していた羽田浩司の姿も。
そして、大統領選に出馬すると噂の、アマンダ・ヒューズもホテルに宿泊しているようで、ボディーガードには、レイチェル・浅香…そう、現在の若狭留美を連れている。

ホテルの監視カメラを覗いているシーンに切り替わると、ラムがアマンダ・ヒューズのボディーガードを確認しており、それを終えると部下たちにアマンダ襲撃の命令を出します。

黒の組織が、アマンダのボディーガードを全員制し、アマンダの元へ…。
アマンダは50年前に、ラムと会ったことがあり、黒の組織のバックに烏丸蓮耶がいることにも気づいたようです。
アマンダは、警察とともに黒の組織をつかまえる算段のようでしたが、組織のほうが一枚上手で窮地に…ラムが手にしたAPTX4869を自ら飲みにいき、命が尽きます。

黒の組織は、レイチェル・浅香の捜索に繰り出します。
レイチェル・浅香は、アマンダの機転により、羽田浩司の部屋に向かっていました。
羽田浩司はアマンダが狙われていることに察知、またアマンダの意図に気づき、力付くでレイチェル・浅香を保護し、部屋に隠します。
黒の組織も羽田浩司の部屋に向かい、羽田浩司を問い詰めるものの、羽田は吐きません…それどころか、ラムに対し烏丸蓮耶との関係を問い、APTX4869を飲まされます。
黒の組織は、警察が来る前にホテルから脱出するものの、命が尽きかけようとしている羽田…このときに、ダイイングメッセージとして「PUT ON MASCARA」と書かれた手鏡にメッセージを残すのです。

時を同じくして、黒田兵衛はアマンダへの襲撃を察知、また羽田浩司の部屋になにかあることに気づき、急いで向かいます。
しかし、間に合わず、そこには羽田浩司の遺体が……。
ちょうど目覚めたレイチェル・浅香は、黒田兵衛を犯人と勘違いし制圧しようとするものの、アマンダの死を知り動揺した隙に黒田が彼女を気絶させます。

黒田は浅香を保護し、車で避難させようとしたのですが、羽田浩司が浅香を隠したことに気づいた黒の組織に追跡されます。
そこで、大きな事故を起こし車が爆発…黒田は現地の救急車で保護され意識を失い、浅香は行方不明となったのです。
黒田が10年間も意識不明だったのは、この出来事によるものだったのです。

—–

場面は現在に戻ります。
RUMは、若狭留美をレイチェル・浅香と疑っており、キャンティやコルンに指示し、命を狙います。

若狭留美がさしていた傘を目印に狙撃をしようとした瞬間、靴の色の違いに気づいたRUMは狙撃の中を命令。
その傘をさしていたのは小林先生だったのです。

中止を命令されたものの、急の発砲止められず、的を外します。
若狭留美は別のビルから、発砲位置を特定し、キャンティを狙撃します。
そう、若狭留美は、小林先生を駒とし身代わりにさせて、自らの任務を完了させようとしたのです。

失敗に終わったあと、RUMは「この右目の時を戻すしかない」「あの薬の効果が想像通りなら」と意味深な発言をして、事件は幕を閉じます。

スポンサーリンク

名探偵コナン 104巻の感想

熱すぎる、熱すぎる、熱すぎる!!
まさか、この1巻だけで、ここまで組織の話…しかも、「ASAKA RUM」は何か、17年前の羽田浩司の事件はどのように黒の組織とかかわるのかと謎になっていたことが明らかに!

若狭留美が浅香(ASAKA)であったこと。
そして、黒田管理官と若狭留美の因縁……今後どのように展開されていくのか楽しみです。

そして、若狭留美は目的のためには手段を選ばない性格ということが明らかに。
「黒の組織」に対して復讐心は持っており、コナンたちとは共通敵をもっているという意味では仲間ですが、果たして・・・・

そして、RUM(ラム)はAPTX4869が幼児化(時間が逆行)するということに気づいていそう。
どのように、APTX4869に絡んでいくのか楽しみです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
名探偵コナン
ゆーさとをフォローする
喫茶ヒトヤスミ
タイトルとURLをコピーしました