初心者でも簡単!ボディビル掛け声講座 >

【ネタバレ感想】映画コンフィデンスマンJP(プリンセス編)は人間模様を描いたコンゲーム

4.0
スポンサーリンク
映画
画像出典:https://confidenceman-movie.com/

2020年7月23日。
とうとうこの日がやってきました。

映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』公開!

2018年にフジテレビでドラマ版が放送され、2019年には劇場版第1作目となる『プリンス編』が公開されました。
ドラマ版から、欠かさず観てきた私にとって、本当に待ち遠しい公開。
2020年5月1日から新型コロナウイルスの影響で、約2ヶ月半の延期です。

ようやく観られた本作品…。
コンフィデンスマンの騙し世界はそのままに、人間ドラマが描かれている作品した。

今回は、以下を紹介します。

・あらすじ
・本編感想

ネタバレも含みますので、気になる方はご注意ください。

スポンサーリンク

あらすじ:舞台はマレーシア!10兆円の遺産を狙う!

3人の子供がいるレイモンド・フウの遺産をどのように奪うのか…??

劇場版前作の舞台は、香港。
それに引き続き、海外が舞台となった本作。
マレーシアを舞台に、ダー子(長澤まさみ)が動き出します。

物語の始まりは、コンフィデンスマンJP恒例となっている偉人の名言をダー子(長澤まさみ)が読み上げます。

今回の名言は、ヘミングウェイ。

他人より優れていることが高貴なのではない。本当の高貴とは過去の自分自身より優れていることにある

場面は変わり、ダー子と前作からコンフィデンスマンに仲間入りしたスタア(竹内結子)が、製薬会社の大物からお金をだまし取ろうとします。
が、すぐに失敗。

逃げている二人は途中で仲違い。
スタアはダー子に「あなたの顔にはインテリジェンスがない」と言うと、ダー子はスタアに「セリフ噛みまくりのせいで失敗した!」と責任を擦り付け合う始末。

こうして、ダー子は再びボクちゃん(東出昌大)、リチャード(小日向文世)を招集し、「一緒に組んでやろうよ」といつもの流れに。

ダー子の目的は、世界有数の大富豪であるフウ家を当主であるレイモンド・フウ(北大路欣也)10兆円ともいわれる遺産

レイモンド・フウには3人の子供がいる中で、遺産を奪うことなんてできるのか…??

そこには、一つのチャンスがありました。
フウ家はレイモンド・フウが残した遺書によって混乱が生じていたのです。

レイモンド・フウには、
・長男:クリストファー・フウ(古川雄大)
・長女:ブリジット・フウ(ビビアン・スー)
・次男:アンドリュウ・フウ:白濱亜嵐

がおり、誰かが当主の座を譲られるとみられていました。

しかし、遺書に書かれていた「当主の座」と「遺産」の相続人の名前は、ミシェル・フウという、子供たちはもちろんのこと長年使えてきた執事であるトニー(柴田恭兵)ですら知らない名前でした。

この情報が出てから世界各国の詐欺師が「私はミシェル・フウ」と名乗り出て、そして返り討ちにされてきました。
ダー子はここに目をつけて、ミシェル・フウを作り出し、フウ家に潜入します。

ダー子がミシェル・フウ役として目を付けたのは、コックリと呼ばれる少女(関水渚)でした。
コックリは、悪徳詐欺師であるヤマンバに育てられ、スリの手伝いなどをさせられていました。
失敗をしたコックリにヤマンバが、暴力をふるっていたところダー子は見かけ、引き取ることに。

そうして、ダー子、ボクちゃん、リチャード、コックリをメインに、レイモンド・フウ家に潜入します。

スポンサーリンク

遺産相続の失敗!?

コンフィデンスマンJPプリンセス編でダー子たちが狙う印章
画像出典:https://www.youtube.com/watch?v=Y5XVK1MWMwQ&feature=youtu.be

コックリをミシェル・フウに仕立て、ダー子はその母親となりフウ家に潜入。
執事であるトニーをはじめ、3兄弟たちはもちろんダー子たちを怪しみます。

しかし、そこはさすがダー子。
綿密な設定や役作りを行い、ミシェルへのDNA検査の際もブリジットから採取したDNAにすり替えて、トニーに「本物のミシェルである」と信じさせることに成功。

しかし、ここで大きな誤算が発生。
ダー子たちの目論見は「ミシェル・フウへの遺産をもらう」ということ。
トニーは、ミシェルに「ここに住んでください」と、フウ家の当主になることを伝えます。

ダー子は、作戦を変更。
3人の子供たちそれぞれに、当主の座と引き換えにお金をもらうことを提案し、手付金を得ようと画策。
しかし、どれも失敗…。

打つ手なしと思われたとき、ダー子とボクちゃんはあるものを発見。
それは、フウ家の当主だけが手にすることのできる印章
「ダークマーケットだと、1,000億円はくだらない」と、印象を手に入れる作戦へとシフト。

数ヶ月後にある当主お披露目パーティーで、印章が出されることがわかり、コックリは、ミシェル・フウとしての立ち振る舞いや、スパルタの勉学教育に励み続けて当日に備えます。

結末:3兄妹の本当の願いと”ミシェル・フウ”

そして、時は流れパーティー当日。
フウ家と関わりのある、財界者やセレブたちが多数集まるその場は、詐欺師にとって「絶好の釣り場」
そこには、天才恋愛詐欺師であるジェシー(三浦春馬)の姿も。

そして、何者かから命じられ「ミシェル・フウ」の命を狙う、マフィアのボスである赤星栄介(江口洋介)もやってきます。

さまざまな人達の思惑が渦巻く会場。
ダー子たちも作戦を進めている中、トニーはミシェルが偽物であることを知り、自分自身で真のミシェル探しに動きます。
トニーが見つけたのは、レイモンド・フウとかつて関係を持った女性。

その女性は「レイモンド・ロウは『子供が男でも女でもミシェルと名付けよう』と言っていた。でも、妊娠中に事故にあって子供はもう…」と、レイモンド・ロウから届いた手紙もとともに、トニーに語ります。
トニーは、その手紙を買取って、自らの手の中に…。

スポンサーリンク

感想1:三浦春馬ジェシーがエロかっこいい

エロかっこいい三浦春馬ジェシー
画像出典:https://www.youtube.com/watch?v=Y5XVK1MWMwQ&feature=youtu.be

三浦春馬さん演じるジェシーが、エロかっこよすぎますね。
「天才恋愛詐欺師」という肩書そのもの。

パーティーにやってきたジェシーは、さっそくミシェルに「一緒に踊りませんか」と声をかけます。
が、そこはしっかりダー子がブロック。
ダー子とジェシーが二人でダンスをするのですが、これがまたセリフ回しと相まって”大人な二人の駆け引き”感がすごいんですよね。

その間のジェシーの仕草や表情、そしてセリフ回し中の息使いがいい意味でのエロさを醸し出しているんですよね。

また、ジェシーの部屋に女性2人がやってくるシーンがあります。
そこで縄をもったジェシーのセリフ…「縛っちゃおうかな」と。
目を細め少しニヤニヤしながら、これから起こることを想像させてくれるような色男の表情は必見です。

感想2:大物俳優を全力投入!そして、まさかのGACKT様

前作に引き続き、大物俳優が全力投入されています。

主要キャラクターである長澤まさみさん・東出昌大さん・小日向文世さんや、小手伸也さん。
そして、前作からコンフィデンスマンJPに仲間入りした竹内結子さん・三浦春馬さん。
江口洋介さんは、ドラマ版から前作、そして今作までダー子たちの宿敵として登場…というか、もはや好敵手ですね。

今作では、レイモンド・フウとして、北大路欣也さんが登場…肖像画などでは常に出ていましたが、実際の演技シーンはごくわずかでした。

また、ドラマ版に出演した俳優も参加。

  • 前田敦子さん
  • 生瀬勝久さん
  • 石黒賢さん
  • 広末涼子さん

柴田恭兵さんや滝藤賢一さんといった名前だけでも豪華な面々、ドラマ界、映画界の中心的俳優たちが、ちょい役としてもでているんですよね。
「あれ、この人こんなところに!!」なんて観られるのが、楽しみどころのひとつ。

そして、GACKT様がほんの一瞬画面に…!!
不意打ちでの登場で、劇場で見ていて本当にびっくり。

まとめ:痛快さは前作から劣るが…??

ロマンス編からの続編である、今作のプリンセス編。
「騙し騙されの痛快さ」は、前作の方が大きかったですね。

「この先はどうなるんだろう?」
「え、ここから逆転できるの!?」
「悪人がこんなにコテンパンにされた!!」
といったような、ストーリーではありません。

今作はメッセージ性が少し違うのかな、と。

華やかな顔の裏に、フウ家の呪縛に縛られていたレイモンド・フウの3人の子供たち。
そして、メインであるコックリ(=ミシェル・フウ)の成長。
「人ぞれぞれの信じて歩む道」が大きなテーマと、個人的に感じられました。

しかし、コンフィデンスマンJPを観るときにいつも感じる「どこからがダー子の作戦なの…??」という気持ちは、今作でも健在。

セリフや演出の細部に小ネタが散りばめられており、スクリーンから目を離せません。

ダー子が、スパルタで教育されているときの「この歳にドラゴン桜をやるとは思わなかった」というセリフは、長澤まさみさんの代表作である『ドラゴン桜』を観ていた私は笑いましたね(笑)

コンフィデンスマンJPファンはもちろん、初めて観る方でも楽しめます。
AmazonPrimeでもロマンス編が公開されているので、観てから本作を観るとさらに楽しめます!

タイトルとURLをコピーしました