【感想】フェルメール展は芸術を知らない人こそ楽しめる!|チケットや待ち時間も【東京上野の森美術館】

スポンサーリンク
【感想】フェルメール展は芸術を知らない人も楽しめる!東京上野の森美術館で名作鑑賞【レポ】 展示会感想

フェルメール展が、なんと日本美術展史上最多の規模で開催!

ということで美術・芸術・絵画に全くもって詳しくない筆者が、開催初日に行ってきました(笑)

 

場所は、東京にある上野の森美術館

 

そこで観た絵画の数々は、芸術を知らなくても…いえ、知らないからこその感動がありました!

今回は東京で開催されているフェルメール展の感想をお届けします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

超有名画家『フェルメール』の絵が、日本史上最多展示

芸術に疎い筆者でも、フェルメールという画家の名前は頭にありました。

ある一枚の絵画と共に……

 

それは、『真珠の耳飾りの少女』

真珠の耳飾りの少女出典:真珠の耳飾りの少女

 

美術の授業なのか、テレビなのか…何はともあれ、自分ですら知っている程の超有名絵画。

これを描いたのが、フェルメール

 

フェルメールの絵画は、現存しているもので35点あるとのこと。

その中で、今回のフェルメール展では9点が展示!(海外の美術館から特別に貸し出しとのこと)

この数は、なんと日本美術展史上最多数。

 

しかも、『ワイングラス』『赤い帽子の娘』『取り持ち女』という日本初公開作品もある、まさしく一大美術展なのです。

 

心に残る展示作品と石原さとみさんナビゲート

【感想】フェルメール展は芸術を知らない人も楽しめる!東京上野の森美術館で名作鑑賞【レポ】

フェルメール展ですが、フェルメールの絵画だけでなく、同時代に活躍したオランダ絵画も展示されています。

それらの絵画は、以下の全6章のブロックに分かれて構成されています。

 

  • 第1章 オランダ人との出会い:肖像画
  • 第2章 遠い昔の物語:神話画と宗教画
  • 第3章 戸外の画家たち:風景画
  • 第4章 命なきものの美:静物画
  • 第5章 日々の生活:風俗画
  • 第6章 光と影:フェルメール

 

カテゴリー毎に分けられているのは初心者にとってすごく分かりやすいですね。

対比なのかストーリー性なのか様々ありますが、ランダムに出されてもわからない(上級者はわかるのでしょうが)のが、しっかりと特徴を捉えやすくなるのでビギナーでも魅入ってしまうほど。

 

しかも、それにさらにアクセントを加えてくれるのが、展覧会ナビゲーター石原さとみさんによる作品解説

展示会に行くと有料で貸し出しがある音声ガイド

フェルメール展では、なんと貸出無料!

 

しかも、ナビゲーターは石原さとみさん。

要所要所で、画家の特徴や作品の背景、そして解釈までナビゲート……フェルメール以外を全然知らない筆者の様な人間には大変ありがたい限りです。

 

そのおかげもありまして、ただでさえ美しい絵画を観るだけでなく物語性も出てくるので一枚一枚が心にどっと残るんですよね。

 

リアルな質感は、まさしく生鑑賞でこそ!

今回、初心者として美術展に行った感想は….

 

生の絵すごい!!何この質感!!

が、第一声です(めちゃくちゃ小学生並みの感想なのはご容赦を…笑)

 

油絵は中学高校時代の美術の資料集程度でしか見たことがなかったのです。

実際に見たそれらは、画家の想いが筆に乗せられているかのような生きている感触が感じられたんです。

ちょっとした絵の具の隆起や色のグラデーション、タッチ。

しかも、細部まで繊細に美しく描かれていたのは、何も知識がないからこその初の感動でしょうか。

 

生鑑賞だからこその、感動を覚えました。

 

アクセス・開館時間とチケット(事前申し込み制)について

そんな、フェルメール展…先述の通り上野の森美術館で催されておりまして、アクセスは以下となります。

住所:東京都台東区上野公園1-2
アクセス:JR上野駅 公園口より徒歩3分
開館:9:30~20:30 ※異なる日時もありますので詳細要確認

都内まで出てしまえばかなり、楽な位置にありますね。

 

一つ注意なのは、チケット

人気で混雑が予想されるため、基本は日時指定入場制のチケットを事前にご購入する形となります。

 

ぜひ、フェルメールを始めとしたオランダ絵画の魅力を生で味わってみてください!