【映画】名探偵コナン『ゼロの執行人』感想|あらすじや気になる安室と黒田管理官の真実は?

スポンサーリンク
【映画】名探偵コナン『ゼロの執行人』感想|あらすじや気になる安室と黒田管理官の真実は? 名探偵コナン

2018年4月13日、映画名探偵コナンの最新作である劇場版『名探偵コナン ゼロの執行人』が公開されました。

 

人気キャラであり、私立探偵/公安警察/黒の組織(バーボン)としての顔を持つ安室透がメインとなることで公開前から話題であった本作。
さっそく、鑑賞してきましたので感想や気になるところをお届けします!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

あらすじ

東京サミット開催の地となる東京湾の新施設「エッジ・オブ・オーシャン」。サミットが開催される5月1日にはおよそ2万人もの警察官が出動するという超巨大施設で、大規模爆破事件が発生! そこには、全国の公安警察を操る警察庁の秘密組織・通称「ゼロ」に所属する安室透の影があった。秘密裏に動く安室の謎の行動に違和感を禁じ得ないコナン。
引用:http://www.conan-movie.jp/about/story.html

事件に隠された陰謀にコナンと公安警察が近づく中、サミット開催の日は大型無人探査機「はくちょう」が火星での任務を終え、地球に帰還する日でもある事が判明する。
引用:http://www.conan-movie.jp/about/story.html

今回のテーマは、東京サミット×宇宙探査機という壮大な物語。

そして、そこに秘められた復讐の策略と、安室徹の”正義の信念”が交差します。

 

本作の大まかなストーリーは以下の通り

  1. 東京サミット開催地を安室透を中心とした公安警察が事前見回り
  2. 新施設『エッジ・オブ・オーシャン』で爆発が…死傷者が発生し、安室も巻き込まれ怪我を負う
  3. 事故or事件の捜査の中、現場から毛利小五郎が関与している証拠が発見される
  4. 公安および警察は毛利小五郎を逮捕
  5. コナンは、安室と対峙しながら事件の真相を追い始める…

そして真相が暴かれるとき、安室の真実も暴かれます。

 

爆発から始まる大迫力映画

映画のはじまり…先述の通り、謎の施設を公安警察が見回っている中、大爆発が起こります。

そして、そこには安室透の姿も…。

何も説明のない中の大爆発、そしてその炎や爆風に巻き込まれる安室透の顔つきなど、いきなりの大迫力で興奮が高まります。

 

公安×検察×真実 ー毛利小五郎の逮捕ー

爆発は”事件か事故か”操作が続く中、さまざまな物的証拠が発見されます。

それは、毛利小五郎の指紋

物語の序盤から毛利小五郎が容疑者として疑われますが、さらにそこから証拠が…それはサミット会場の警備図が小五郎のPCにあったというもの。

これにより、毛利小五郎は逮捕されます。

冒頭からこれまでにはないようなストーリーで動いていきます。

毛利小五郎の逮捕には刑事部だけでなく、公安の姿も….。

 

そして、施設のガス管はインターネットで制御されているのですが、そこの操作履歴が毛利小五郎のPCにあったことも発見….逮捕から間もなくして起訴にまで到達します。

 

取り調べを引き継ぐ、検察官の日下部検事
「証拠はありつつも動機がない」と不信を持ち、上席の検事に直談判しますが、公安から何らかの圧力を匂わせ取り合ってもらません。

日下部検事は「公安警察の言いなりか」と憤りをもちます。

 

コナンはもちろん、毛利小五郎の元妻で弁護士である妃英理や、毛利小五郎の弁護を担当する橘境子が小五郎の無実証明のために奔走します。

果たして、毛利小五郎はサミットを狙った爆発テロの犯人なのか…真実は…??

 

真犯人は誰か?

以下、重大なネタバレ含みます。

 

捜査を続ける中、各地の電子機器が暴発するという事件が発生。

これにより、サミット会場の爆発もIoTテロというサイバーテロではなかったのかという推理をしたコナン….

そして、毛利小五郎のPCから発見されたサミット会場の操作履歴も、中継PCとして利用されアクセスログが残ったということで、無実が証明されました。

 

その喜びも束の間…日本へ戻るはずの宇宙探査機が乗っ取られ、制御が効かなくなってしまいます。

そして新たな落下予想地は、なんと『警視庁』

警察はもちろん、国家上層部も緊急会議を行い、市民も緊急避難の大混乱が。

 

そして、その混乱の中、コナン安室は一人の男を捕まえます…その男は日下部検事

この日下部検事こそ、真犯人でした。

過去に自らの部下(協力者)が、公安警察の取り調べによって命を落としたことで、公安警察への恨みを持ち続けたことによる犯行でした。

 

しかし事実は、これまで思っていたことを裏切る展開に。

 

日下部検事の素顔は公安検察……取り調べを受けていた部下(協力者)は日下部検事の捜査のために違法な方法を使っていたところを逮捕されました。

日下部検事は「公安の協力者と言えば無罪」と進言しますが、部下(協力者)はそれを拒否…それがばれたことによる日下部検事の失墜を危惧します。

 

そしてその後、安室透による取り調べで自ら命を絶った……のかと思われましたが、実は安室透は彼を死んだことにし、裏では逃がしていました。

 

衝突までわずか…宇宙探査機の行方は!?

真犯人、そして真相にはたどり着いたものの、宇宙探査機は落下し続けます。

一度はコナンや少年探偵団の活躍で軌道をそらすことに成功したものの、それにより再び別軌道で別地点に落下……その地は避難先となっている『エッジ・オブ・オーシャン』

そしてそこには、毛利蘭や毛利小五郎も…。

 

コナンと安室は共闘し、国民を守るため命を懸けて救いに向かいます。

その壮絶なアクションシーン、スタントは息をのむ大迫力….映画エンディングに向けて熱いシーンの連続です。

 

黒田管理官の伏線…??「ぬかるなよ…〇〇」

警視庁に宇宙探査機が落下しているなか、黒田管理官も対応に尽力します。

その立場から国家上層部の会議へと顔を出しますが、場を離れた瞬間(おそらくは)安室徹に電話。

「ぬかるなよ…〇〇(音は聞こえず口の動きだけの描写)」と連絡。

安室透のシーンに切り替わり、安室は「了解」と。

果たしてこれは何を意味しているのか…..
(劇場版の黒田管理官の考察はこちら

 

毛利小五郎の逮捕と正義

毛利小五郎は公安により逮捕されましたが、まさしくこれこそが公安警察特有の『違法捜査』

事件であると疑念を抱いていた安室透でしたが、現場の状況的に事故と断定される可能性を危惧します…そこで、犯人と証拠をでっちあげ、その間に捜査を進め真犯人たどり着く算段でした。

 

なかでも毛利小五郎を選んだのは、「コナンが本気になってくれるから」….と、事件解決、国のためにあらゆる手段を厭わない、安室透の正義がありました。

 

 

トリプルフェイス(私立探偵/公安警察/黒の組織)である安室透が敵かもしれないという疑念と共に始まる本作。

安室に秘められた正義の想い、そして大迫力のアクションシーンと見どころ満載の劇場版でした!

関連:黒の組織・FBI・CIA・公安が描かれている単行本まとめ