【書評】これぞまさしく企画の教科書…『アイデアのつくり方』

スポンサーリンク

f:id:yusatoblog:20170516230653j:plain

みなさま、ごきげんよう!yusato(ゆーさと)でございます。

今日ご紹介するのは、ジェームス W.ヤング氏が著作の『アイデアのつくり方』です。

この本…企画に携わる人必見でございます。

会社の企画部、ブロガー、クリエイターetc….まさしく教科書といっても過言ではない本です!!



スポンサーリンク
スポンサーリンク

102Pという内容にエッセンスを凝縮…!!

『アイデアのつくり方』はアメリカの広告代理店であるトムプソン社の最高顧問を務めたジェームス W.ヤング氏が、大学院で講義した内容が基となっています。

 

手に取ってまず驚くのは、本のその薄さ!!

“ボリューミーです!”なんて謳い文句とは真逆です。

内容量は102P…しかも文字のフォントがでかい!!(笑)

帯にある通り、60分もあったら読める内容となっています。

 

しかし…!!

内容が無いよう…薄い本と侮るなかれ。

この60分で読める、フォントの大きな文字で書かれた102Pの本には、エッセンスが凝縮されています。

 

「アイデアをつくれるようになる方法」

そのエッセンスとは何か…??

それは、“アイデアをつくれるようになる方法”です。

 

「こうやればアイデア無数に思いつくよ!!」なんていうような魔法は書いていません。

しかし、

  • アイデアの本質
  • アイデアをつくっていくにはどのような心がけをしていけばいいのか

という、一度学んだらずっと使える…”実力”となりうるものを授かれることを書いています。

 

もちろん、この本を読んだからといってすぐにアイデアマンになれるわけではありません。

しかし、この本から学び、少しでも意識をしていくだけで確実に将来が変わってくると思っております。

まさしく、エッセンスを凝縮した良本でございます。