【大人のヒトヤスミを彩るお酒】『而今 特別純米 火入れ』感想【10杯目】

f:id:yusatoblog:20170529225427j:plain

NEWS
お酒のブログメディア今宵の酔OPEN!


 

みなさま、ごきげんよう!ゆーさとでございます。

日本酒の感想、今回は…『而今 特別純米 火入れ』でございます!

日本酒の感想シリーズも10銘柄目!

 

その節目となる銘柄は、私のベスト・オブ・銘柄の『而今』でございます。

而今の紹介は、『千本錦火入れ』以来ですかね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

和紙のラベルに描かれた荘厳差を感じる一本

日本酒の感想を何度も綴っている中で、楽しみの一つと言い続けているのが「ラベル」

各酒蔵、各銘柄…まさしく百花繚乱のデザインでございます。

古い日本酒調のものから、気品あふれるラベル…はたまた可愛らしくデザインされていたり、上品な色使いをしていたり。

 

しかし、ラベルの面白さはデザインだけではありません。

f:id:yusatoblog:20170529231753j:plain

 

なんと、和紙ラベル。

ラベルの質感までもが美しい日本酒、それが而今。

裏ラベルには、杜氏である大西氏の丹精込めた想いが。

 

f:id:yusatoblog:20170529232649j:plain

さて、早速感想…グラスに注いで感じる香りはあまりありません。

 

しかし、やはりすごいのは口に入れた後。

下にのせて感じる旨み。やさしくもしっかりとした、旨み。

しかし、どことなくフレッシュさも感じられる絶妙なバランス。

キレもあることで、スッキリと…くどく残らない旨みと甘みを堪能できました。

 

本当に、而今素晴らしい。

心から素晴らしい。

大好きな銘柄です。

今回も有難く戴きました。

素材と木屋正酒造様に感謝して…ごちそうさまでした。


NEWS お酒のブログメディア今宵の酔OPEN!

 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
日本酒
kissahitoyasumiをフォローする
喫茶ヒトヤスミ