【レビュー】RG クロスボーン ガンダムX1を組み立て〜完成&撮影タイム編〜

スポンサーリンク
RGクロスボーンのパッケージ正面 ガンプラ

RG クロスボーンガンダムの完結編です!

前回は、開封〜胸ユニットまでの組み立てをしました。

【レビュー】RG クロスボーン ガンダムX1を組み立て〜コアファイター&脚・腰・胸編〜
人気ガンダム機体である『クロスボーンガンダム』がとうとうガンプラのRG(リアルグレード)シリーズに登場!ドッキングシステムも採用し、精巧な作りとなった本作を画像つきでレビューします。今回はコアファイター・脚・胸の感想です。

 

今回は、『腕』『頭部』『武器』各種組み立てを行い、また撮影もしていきます!

早速ご覧ください!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

腕の始まり

RG(リアルグレード)を組み立てて驚いた可動といえば、脚の他に腕もあります。

「1/144でもこんなに動くんかぁぁぁぁ」って。

 

クロスボーンガンダムはここまで作ってきても、コンパクトさを非常に感じるので、腕はどんな感じになるのだろう…と。

スタートのパーツはこちら。

 

腕パーツ

 

もはやどのあたりになるパーツかわかりませんね(笑)

このパーツに白を基調としたパーツを組み上げていくと…

 

腕を組み上げていく

腕の組み上げ続き

腕の完成

と、腕の完成!

 

ここだけみると、やはりノーマルなガンダムタイプに近い印象がありますね。

 

さて、片腕が終わり、もう片方に着手しまして両腕の完成!

すでに組み上げていた本体部分とドッキング!

 

両腕と本体のドッキング

 

もうここまできたらあと僅か!

 

頭部

頭部ユニット説明書

 

さて、ガンプラ作成時に最も苦手と言っても過言ではないユニットに突入です。

最後にして最難関…頭部ユニット!

 

なぜ苦手かといいますと…パーツが小さすぎるんじゃ!!!!

 

もうね、細かいのと、自分の手が大きいのでうまくできないんですよ…。

頭部ユニットの最初のパーツはこちら。

 

頭部ユニットの最初のパーツ

 

わかります…??
ほんっっっとうに小さいんですよ!

こちらに目のデカールを貼りまして…

 

目にデカール貼りました

 

こうなったわけですが、めちゃくちゃ手こずりましたよ…。

ここから顎部分とかを組み上げます。

 

顎の組み立て

頭部完成

 

ここだけみると非常にスムーズに進んでいますが、おそらくアイ(目)ユニットと顎ユニットの接続に、今回最も時間かかっていますね…。

とはいえ、頭部も完成したのでドッキング!

 

ガンダムタイプの完成

 

はい、もうガンダムですね。

最初に作ったコアファイターと並べるとこんな感じ。

クロスボーン×コアファイター

スポンサーリンク

クロスボーンガンダム 完成

クロスボーンガンダムといえば、背面ユニット…!!

いよいよ、ドッキングです。

今回のRG クロスボーンガンダムがすごいところは、パーツ差し替えなしでのドッキングが可能なところ!

 

ドッキング前

 

このようにコアファイターのコックピットを折りたたみ、左右を折りたたむことでクロスボーン本体の背面にドッキングが可能になります。

 

そして、ドッキングした姿がこちら。

クロスボーン完成

 

横からの姿…そして背面部は折りたたむ事もできます。

クロスボーンガンダムの横から

 

マント&武器も!

ここまででも十分クロスボーンガンダムではありますが、やはりマント!!

しっかりとありますよー!

こちらのパーツで組み上げます!

 

クロスボーンマントパーツ

 

そして出来上がったマントをクロスボーンに着せてみたのがこちら!

 

クロスボーンマント付き

 

めちゃくちゃ質感がすごい…!!

もちろんプラスチックなのですが、長い時間…多くの戦いを過ごしてきたその歴史がマントから感じられそうです。

 

武器も揃っています!

クロスボーンの武器

撮影会!

撮影に使用したのは、SONY α6300

それではどうぞ!

 

進むクロスボーン

撃つクロスボーン

立ちはだかるクロスボーン

飛ぶクロスボーン

 

さいごに

今回、久々のガンプラ製作…しかもRG(リアルグレード)

 

楽しみだったクロスボーンガンダムの製作は、満足なものでした。

素組みでこの精巧さ、クオリティは素晴らしい…スカート部分や足元など一部パーツがゆるい部分がありましたが、許容範囲ですかね。

 

RGシリーズではνガンダムの発売もあり、今後も楽しみです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ガンプラ
ゆーさとをフォローする
喫茶ヒトヤスミ